« 4年生の平野君が電気学会「電気学術奨励賞」と学長賞を受賞 | トップページ

電気学会で修士の川村君と平山君が発表、AI/IoT展示でも紹介

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の高木です。

高木研究室 修士1年(現在2年)の川村君と平山君の2名が電気学会全国大会で発表を行いました。平山君の発表は、AIを活用したモータの最適化設計で、電気電子工学科からの展示発表した「AI/IoT×電気電子工学」でも紹介した内容です。

3月9~11日に電気学会の全国大会が開催され、学生が2件の発表を行いました。川村君の発表は、電気自動車の充電に関する発表です。電気自動車では充電時間の長さが問題で、走行しながらの充電が検討されています。東芝マテリアルと共同研究している新型WO3蓄電池を使うことで、高速かつ高効率な充電が可能となることを報告しました。

平山君の発表は、AIを活用したモータの最適化設計に関する研究です。設計者が経験値として持っていた熟練技術を、AIの一つである遺伝的アルゴリズム(GA Genetic Algorism)に置き換える研究です。新幹線の特徴ある先頭車両もGAにより設計されたといわれています。電気電子工学科のAI/IoTプロジェクトのテーマの1つで、学会員以外にも公開した展示発表でも紹介しました。

平山君の発表を含むAI/IoTプロジェクトの動画は、 東京工科大学 電気電子工学科のHPの中の「AI研究事例紹介ビデオ」の所に掲載されています。興味のある方は、是非、視聴下さい。

__20210408162701

« 4年生の平野君が電気学会「電気学術奨励賞」と学長賞を受賞 | トップページ

学生、教員の活動」カテゴリの記事