電気電子工学科のサイエンスコミュニケーター育成支援教育プログラムの取り組み

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の荒川です。

東京工科大学工学部では、科学やテクノロジーに関する専門知識を一般向けに分かりやすく伝える「サイエンスコミュニケーター」の人材育成支援の教育プログラムを行っています。2023年度には、工学部の機械工学科、応用化学科とともに、電気電子工学科の学部生、工学研究科の大学院がベトナムのホーチミン市工業大学と共同で現地の高校生、中学生に実験の体験イベントなどへの参加を行いました。

今年の5月に開催された夢プロ体験実験では、電気電子工学科の出身の大学院生が、「可変電圧可変周波数方式(VVVF)インバータの実演」と「水素と酸素を利用した燃料電池」を紹介しました。興味のある学生のみなさん、参加してみてはいかがでしょうか。

Vvvf Fuelcell

国際会議に参加

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の李です。
5月に京都で行った国際会議WPTCE2024に参加いたしました。
沢山の発表者や知り合いの先生と久しぶりに会えてうれしかったです。
私も発表いたしました。
Wptce2024

リスキリング講座の試みと展望について

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

昨年度に試行したリスキリング講座について、大学のお知らせに掲載しました。

Blog20240515rskill

企業との関わりという点では工学部にはコーオプ実習もあります。コーオプ実習も2024年度からの新しいカリキュラムでは八王子キャンパス全学部に選択科目として展開されます。もちろん学生の就職や共同研究など、様々な関わりがあります。リスキリング講座は新たな関わり方の1つと考えています。

様々な形で地域・企業との関連を構築し、結果として相互作用的により良い学習環境の実現(大学生にとっても・社会人にとっても)を果たせるように少しゆっくりではありますが、進めていく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

 

クリーンルームに初めて入ります

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の前田です。

デバイス関係のいくつかの研究室では卒業研究にクリーンルーム(CR)を使います。トランジスタやLEDをはじめさまざまなデバイスの研究には、埃の極めて少ない特殊な環境が必要だからです。

_240513

GWが終わって卒業研究が本格的に始まる今頃、卒研生の皆さんは大学院生の先輩方からCRの使い方やルールについて詳しい説明を受け、これからクリーンウェアを着て初めてCRに入室することになります。先輩方がわかりやすく丁寧に教えてくれますので、さまざまな半導体プロセス装置もじきに扱えるようになります。

 

食と農の未来研究センター

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

本学に「食と農の未来研究センター」が設置されました。応用生物学部と工学部が中核となるセンターです。センター長は応用生物学部の多田先生です。

工学部では農業IoTを中核とした研究を進めています。

私個人としては工学部側の代表者を務めると共に、これまで社会インフラ関連で得た知見を農業分野に展開する研究を進めるところです。

 

施設・支援の見学

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

大学には様々なキャンパスライフを支援する施設・部署があります。一方でキャンパスも広いですし、入学直後にはそのすべてを把握することは難しいかもしれませんが、必要になる可能性が高い一つの時期でもあります。

そこで新入生は主要な施設・支援を知ってもらうキャンパスツアーに参加しました。

1714025792135s1

電気電子工学科では3つのグループに分かれて見学しました。写真は学務課からスタートするグループの様子です。

 

アドバイザー面談の成果?

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

担任に類似した制度としてアドバイザー制度があります。工学部では新入生の入学~卒研室配属までの期間、同一の教員が担当します。毎日ホームルームがあるわけではありませんが、その一つの役割として年度末・初めに行っている個別面談があります。

面談の中身はいろいろですが、多くは学修についての振り返りと今後に向けた計画が中心です。ですが先日の面談では部活動に関連して「現像」技術についての相談がありました。

私にはそういった知識はなかったので、工学部全教員宛にメールで問い合わせたところ、1時間ほどで数名の教員から申し出があって、そのうちの1名の教員に対応をお願いしました。先日、お伺いしたところでは、実際に現像室へ行ってみたら立派な設備があったとのことでした。

学修以外の面で学生のキャンパスライフを具体的に支援できた、少し珍しいケースだったのでブログに掲載してみました。在校生の皆さんには、すべて解決できるとは限りませんが、話してもらえれば最大限試みますので、面談ではいろいろと話してもらえればと思います。

 

桜でお祝い気分

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の坪川です。
今年度、約130人の新入生が電気電子工学科に入学されました。
おめでとうございます。
例年、入学式の頃には桜は散ってしまっており、少し寂しい気持もありましたが、
今年はほぼ満開で新入生を迎えることができ、お祝い気分で一杯です。
先日のガイダンスでは、初々しい皆さんが履修の進め方の説明に、
全員が真剣に耳を傾けている姿を見られ、とてもうれしく思いました。
初心を忘れずに授業やサークル、部活動に励んで、楽しい学生生活を
送ってくれることを願っています。みんな一緒に頑張ろう!

 【私がよく通る桜アーチの道 】
Photo_20240412134301

応用物理学会での発表

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の木村です。

3/23に大学院修士1(発表当時)の佐藤巧征さんが応用物理学会で発表を行ってきました。はじめは緊張していましたが、うまく発表できて自信がついたようです。

 

Kim_20240412193001

入学おめでとうございます

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

昨日、工学部では学部ガイダンスを実施しました。

2024040301

私は教務委員長として2回目の学部ガイダンスを実施しました。こうやって新入生に相対すると新年度が始まったんだなと実感します。

新入生の皆さんは心持ち緊張した面持ちの人が多いでしたが、きっとすぐに大学生活に慣れて楽しむことができると期待しています。

 

«3月の研究活動(学生の学会発表など)