8/4オープンキャンパス(天野研での展示結果)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

昨日は猛暑の中、オープンキャンパスにご来訪いただいた皆様、ありがとうございました。

Oc0804amano

天野研の展示としては主に実験棟A 1F 入ってすぐのエリアで斜面監視IoTと搬送ロボット、それに4年生が研究しているデスクトップ型アームロボットを用いた研究の動画を展示しました。また、研究棟C 1Fにも斜面監視IoTのモニター画面とテープLEDを用いた看板を展示していました。斜面監視IoTは今回、より実物に近いものを展示内容に追加しました。アームロボットの動画展示は当日、急遽行いました。

 

続きを読む

「ヒルナンデス」で紹介された電気自動車に試乗できます

| 投稿者: tut_staff

 こんにちは、エネルギー応用研究室の高木です。

 719日の「ヒルナンデス」で、東京工科大学の研究テーマが取り上げられTV放映されました。EVプロジェクトも研究テーマの1つとして取り上げられました。当日は、学生が電気自動車(EVカー)で試走している姿や、インバータ基板を製作している姿が映しだされました。また、当日ゲストの「山口もえ」さんが、EVカーで学内を颯爽と走る姿も放映されました。

Dsc_00451

続きを読む

最先端!AI/IoT × EE プロジェクト(8/4 OC にて展示あり)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは.電気電子工学科の美井野です.

電気電子工学科では,今年度より,「AI/IoT × EE プロジェクト」を始動しています.

本プロジェクトは,最先端技術である「AI/IoT」と私達の得意分野である電気電子工学(EE)を組み合わせて,社会における様々な問題を解決しようという取り組みです.

7/14 (日) の東京工科大学オープンキャンパス(OC)では,プロジェクトの紹介や現在までの研究状況を紹介しました.

Img_2805

次回 OC は 8/4 (日) ,本プロジェクトの紹介ブースも引き続き開設します.

さらに,前回 OC ではお見せできなかった「研究成果のデモ展示」も予定しています(関連記事).

AI や IoT はもちろん,電気電子工学科の新しい取り組みに興味のある方は是非一度,足を運んでみてください.

 

天野研のオープンキャンパス展示予定(2019/8/4)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

8月4日のオープンキャンパスに天野研が出展する内容を紹介します。

Photo_20190729140601

主要な展示は以下の通りとなる予定です。

  • 搬送ロボット(リモコン制御、搭乗可能)
  • インフラ監視IoTシステム

 

続きを読む

大阪での講演と打ち合わせ

| 投稿者: tut_staff

先日、大坂で行われた先端センサ・シンポジウムでセンシングに関して講演しました。このシンポジウムは展示会(センサソリューション&技術展)と合わせてマイドームおおさかにおいて開催されました。
Photos
センサーを作る専門家の集まる場で、何を話せばよいか、悩ましいところでした。いろいろ考えた上で、産学共同研究を通じて得た知見から、センサーとAI/機械学習の組み合わせを含めてお話をさせていただきました。

続きを読む

学科活動報告(高木先生)

| 投稿者: tut_staff

2019年5月

4月から始まった1期コーオプ実習に参加した3年生の

学生が、無事に実習を終えて大学に戻ってきました。



2019年6月

     2期のコーオプ実習に参加する約半数の3年生が、6月5日

  に1期メンバーから引継ぎを受け、企業での2か月の実習

  を始めました。



   6月9日に筑波サーキットで開催されたCQ EVカートレースに

  参加し、19チーム中11位の結果となりました。 (高木先生)

ワークショップに参加

| 投稿者: tut_staff

7月13日は学会などで知り合った

Img_9850

いろんな大学の研究室が集まるワークショップに参加して来ました。

黒川研からは4年生が1名発表してきました。

初めての発表でかなり緊張した様子でしたが頑張って発表を終わらせられたようです。

ワークショップは2ヶ月に1回くらいの頻度で開催しています。

 

次は合宿で研究室の全員が発表して来ます。

 Img_9852

コーオプ実習先の訪問(文部科学省による見学)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

工学部の特徴の一つにコーオプ実習があります。電気電子工学科の学生は3年次前期に前半と後半に分かれて実習先に行っています。その実習先を担当教員が訪問し、企業のご意見や実習中の学生の様子をうかがっています。訪問先の企業には更なるご負担をお願いすることになっていますが(いつもご協力いただきありがとうございます)、実習だけでなく様々な貴重な情報交換が可能な、たいへん重要な機会となっています。

写真はコーオプセンターによる記事をご参照ください。

 

続きを読む

投稿論文の採録通知(研究の達成感)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

現在、私の主な研究分野はこれまでブログに多く掲載をしてきたインフラ関係のIoT・非破壊検査と別にもう一つ、教育分野のものがあります。

教育実施に伴って得られる様々なデータを収集・分析し、その効果や影響を調べるものです。これは教育実施の改善に役立てることができます。またデータ収集や分析の技術はIoTなどにも通じるものがありますから、完全に異なる研究というのでもありません。

続きを読む

アドバンス版パワーエレクトロニクスの執筆進んでいます

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、エネルギー応用研究室の高木です。

東京工科大学でのパワーエレクトロニクス(以下、パワエレ)の講義に合わせ、

2017年7月にコロナ社さんから「これでなっとく パワーエレクトロニクス」を出版しました。

パワエレの回路からモータ駆動までと、重要な計測手法について1冊にまとめました。

 _img_2732

この本の続編として、専門性を高めた「エンジニアの悩みを解決する パワーエレクトロニクス(仮題)」を企画しており、

執筆が順調に進んでいます。前著で十分に記述できなかったパワーデバイスの原理と、

デバイスを回路に適用するエンジニアリングについて詳しく説明します。

また、パワエレの応用例として、太陽光発電、熱電発電、LED電源など、東京工科大学の大学院の講義内容も掲載の予定です。

 

計測関係は、前著と同じ岩崎通信機(株)の長浜氏に協力いただき、

インバータ回路やモータ動作など代表的な事例を取り上げ、測定ノウハウについて紹介してもらいます。

そして、今回のテキストの最大の特徴は、実際の電動自動車で測定したインバータユニットの動作特性の掲載です。

2019年の3月に著者らが集まって実測した内容で、(株)パワーエレアカデミーの服部氏が執筆を担当します。

 

今後は、7月中に1次原稿を仕上げ、9月までに全体の統一などを含めた最終原稿を作成します。

校正を経て、2020年3月の出版を目指しています。    

«臭いセンサを“ヤカン”で作る