早期一貫プログラムの3年生の学会発表(発表編)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の高木です。

電気学会での発表ブログの2回目です。(1回目のブログ)

発表申し込みをし終わったところで、最適化アルゴリズムをモータ回路モデルに組み込み始めました。モータの回路モデルには、パワーエレクロトニクス用の回路シミュレータPSIMを使いました。

簡単だろうと考えていましたが、最適化アルゴリズムの計算に必要なパラメータの値が呼びだせなかったり、トルクの外乱を加えられなかったり、など問題が噴出しました。

最終的には、モータの回路モデルをトルク制御から速度制御へと変更し、最適化アルゴリズムのソフトを何度も書き換えました。これにより、最小の電力で動作させる仕組みを作ることができました。

しかし、当初の考えからは大きく離れ、いろいろ手を加えたため、発表内容に対する不安が多く残りました。

電気学会の全国大会は、福岡県の九州大学 伊都キャンパスで開催されました。発表は永久磁石同期モータ(PMSM)のセッションでした。PSMSは電気自動車用モータとして期待されており、電気学会の中で最も注目されているセッションです。約300人の大きな会場で、立ち見が出るほどの盛況となりました。

安藤君の発表は分かりやすく、堂々としていました。8分の発表時間に対し、やや短めの740秒程度で終わりました。

発表が終わると、座長の方から質疑を求めるアナウンスがあり、すぐに1名の方が挙手しました。どんな質問が来るか? 否定的な意見出ないことを期待しました。

そして、質問者からは、「大変、興味深い発表でした。一つだけ教えてください・・・」と。発表内容を称賛していただけるようなコメントをもらいました。

こうして無事に、学会は終わりました。3年後期という早いタイミングで、多くの専門家の前で、しっかりと発表をてくれた安藤君に感謝の言葉を送りたいと思います。

2b_2

早期一貫プログラムの3年生の学会発表(申し込み編)

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の高木です。

3年後期から研究室に配属された安藤君が、電気学会の全国大会で学会発表してくれました。初めての学会に向けた準備は大変でしたが、発表は大好評でした。そこで、発表の予稿を提出するまでと、それから発表当日の2回に分けてブログに掲載します。

東京工科大学では、やる気のある学生の能力を伸ばすことを目的に早期一貫プログラムを設けています。このプログラムでは、通常は学部4年と大学院修士2年の期間を、学部3.5 年と大学院1.5年間と短縮し、学部と修士課程の一貫教育します。早期プログラムでは3年後期から卒業研究が始まります。

3年の後期に安藤君が配属され、研究テーマを永久磁石同期モータ(PMSM Permanent Magnet Synchronous Motor)に決めました。東京工科大学がテーマとして掲げているサステイナブル工学と結び付け、最大効率でモータを駆動する制御する方法を研究することにしました。

毎週1回以上のミーティングを行い、進捗確認と次のステップへの取り組みを決めていきました。最適化手法アルゴリズムを用いて同じ電流値でのトルクを最大化し、これにより最大効率で駆動する制御方法を新たに開発することにしました。

最適化アルゴリズムは、目的とするパラメータを最大化あるいは最小化する手法で、いくつかの方法が提案されています。最初に、トルクを算出する簡単な数学モデルで、4種類の方法を評価し、ランダム山登り法と遺伝的アルゴリズム法がすぐれていることを確認しました。

全体像が少し見えてきたので、ここまでで一区切りして予稿を作成し、学会発表の申し込みをしました。安藤君も私も、この先は順調にいくだろうと楽観していました。(次回へ続く)

1

企業見学と卒業生の活躍する姿

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

先日、イーデーエム株式会社様を学生とともに見学させていただきました。ご対応いただいた皆様、ありがとうございました。

Edm

続きを読む

東日本大震災

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の新海です。

今日は311日、東日本大震災から7年たちました。

18千人の方が尊い命を落とし、今でも7万人以上の方が避難生活を続けています。痛ましいの一言では片づけられない大きな大きなできごとです。

我々のインフラの脆さに気づかされた機会でもありました。地震や津波の直接的な被害がなかった近隣でも、計画停電で電車も止まり、スーパーやコンビニの陳列棚は空っぽに、ガソリンスタンドにはガソリンが無くなりました。

あたりまえと思っていたことは、決してあたりまえではなかったのですね。

そして、何重にも用意され鉄壁と思われていた福島第一原子力発電所の非常電源もすべて失われて、極めて重大な事故に至りました。その傷跡は未だ深刻な状況にあります。電力技術に関わる一人として責任の一端を感じています。

311日は、工学者・技術者として何をすべきか、自分を顧みる日と思っています。そして、みんなの力で世界中の人が幸せな未来を描けますように。

学内合同企業セミナーと卒業生の消息

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

3月に入り、本学では合同企業セミナーを開催しました。下の写真は初日の開場時の様子です。緊張した面持ちで学生が入場していく様子が見られました。

3_5

続きを読む

AI論文コンテストでの奨励賞の獲得

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

先日、トランスコスモス社の論文コンテスト「AIによってコミュニケーションやマーケティングに訪れる変化」の最終プレゼンテーションに進出したことを報告しました。実際に先日、プレゼンテーションに参加し、奨励賞をいただいたので改めて報告します。

直前に指導教員(私)がインフルエンザに感染してしまい、発表指導を尽くせなかったことが少し悔やまれます。けれども、発表学生である鹿島さんは単独で準備、発表の場に臨んでくれました。

まだ3年生なので、これから卒業研究に本格的に着手します。今回の論文で提案したシステムについて検討し、実際に構築する予定です。次は学会発表できたらよいですね。

沖縄・名護での計測実験

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

学生とともに沖縄・名護での計測実験に行ってきましたので報告します。風力発電施設の見学も行い、私自身はこれで1年間で4回目の沖縄上陸となりました。

Nago

名護での実験初日はあいにくの雨模様の天気で沖縄で初めて「寒さ」を体感しました。特に橋の上は寒い。当たり前ですが風が強いのです。二日目は天気はまずまずでしたが橋の上はやはり少し寒かったです。強風で照明柱がビリビリと音を立てて振動するのを見ると、照明柱の劣化を検出・計測する必要性を痛感します。

そんな中、学生は危なげもなく落ち着いて、着実にデータを計測してくれました。これから取得したデータを整理して、多面的に分析する予定です。

卒論提出!

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の新海です。

工学部の一期生は3年生、もうすぐ卒業研究に着手します。

電気電子工学科の研究室では、今はコンピュータサイエンス学部やメディア学部から卒業研究を希望する4年生の学生を受け入れています。

先週、卒業論文の提出締め切りでした。

私の研究室でも12名が無事提出しました。風力、液中アークプラズマ、420kV、ワイヤレス給電、などなど、コンピュータサイエンス学部らしからぬ言葉が並んでいます。

進め方はいろいろでしたが、最後にはみんな、なんとか仕上げてきました。こんな大作を仕上げるのはおそらく初めてのことでしょう。この経験はきっと自信につながります。これからプレゼンの準備をして2月初めに発表会があり、完了です。

1

AI論文コンテストの最終プレゼンテーションへ

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の天野です。

工学部では新海先生を中心に風力発電とAIに関する研究を進めていて、私もメンバーとして参加しています。天野研究室ではこれを含めて、これからのセンシングに密接に関わる技術として、AIの活用に注力しています。

昨年10月に天野研の配属となった3年生、鹿島さんは研究に関する調査・検討を兼ねて、トランスコスモス株式会社様の開催する論文コンテスト「AIによってコミュニケーションやマーケティングに訪れる変化」に参加しました。

先日、書類選考を通過、最終プレゼンテーションへ参加との連絡をいただきました!

年末年始に頑張って論文を書いた努力が報われた形です。プレゼンテーションまで期間が短く、学期末でなかなかたいへんですが、せっかくの機会です。早速、発表準備を始めました。

研究室の先輩から後輩へ

| 投稿者: tut_staff

こんにちは、電気電子工学科の坪川です。

電気電子工学科の3年生は、10月に研究室に配属され、現在「創成課題」という授業を研究室毎に行っています。写真は、私の研究室に配属された電気電子工学科の1期生です。

学生の皆さんは、無線デバイスやセンサーデバイスをつなげて、自分たちで目標設定した課題に挑戦したり、人工知能による画像認識・感情抽出に取り組んだりしています。

Img_1626

また、コンピュータサイエンス学部の先輩から工学部の後輩にバトンが渡される今年だけの異学部交流が発生しています。先輩のやさしい指導に、熱心にノートをとる姿に感激します。

この辺りは、まさにコーオプ実習で培った行動ですね。次は皆さんが良き先輩になることを期待しています。頑張れ~。

Img_1629

«マイクロウェーブ展2017報告